明石市B級グルメSDGs

今回のブログを編集してくれているのが
後輩のインスタのストーリの中で
みてほっこりするランキング1位!

鈴木歩幸

です!

この2日間で1番感じたことは笑顔が持つパワーの偉大さ!
子どもたちと走り回る、ボールを蹴る、絵を描く、お話しする、
一緒に過ごせる時間はたった数分だけだったけど、

遊ぶ前よりキラキラの笑顔になってバイバーイって言ってくれる。
子どもやその子たちのご両親からの笑顔が何よりも力になりました。

それと同時に全力でみんなが遊べる環境が永遠に続いてほしいと思ったし、
だからこそSDGsを伝えて行かなければならないんだとも感じました。

SDGsのクイズをして驚く子ども、大人がたくさんいました。
この驚きを行動に繋げてほしい!

1人1人の日常の行動で地球が次へと繋がっていけるなんてめっちゃ素晴らしいことやん!
とみんなの反応を見て思いました!

私自身、今回のB-1グランプリに参加して
SDGsのクイズをしてSDGsに対し今までより愛着を持ちました。
だから先ず色んな人にSDGsに関わってみてほしいです♪
色んな人が活動してることが繋がる未来になっていますように!

<他メンバーのフィードバック>

クイズ形式の環境問題に子供達が思った以上に関心を持ってくれていた!

撮影に関しては、
◾撮る前に何を伝えたいか
◾誰に伝えたいのか
この2点を明確にすることが大切だとあつしさんに教えていただいて、
そこを意識して撮影に取り組みました!

自分が楽しまないと本当にいい映像は撮れないっていうのを改めて実感できた撮影でした!

今回初めてCSOの活動に参加させていただいて、
子どもたちと触れ合えたのももちろん、自分自身知らなかった知識を知ることが
出来たこともとても良い学びになりました。

また子どもたちにクイズを出したり一緒に勉強をしているときに、
一緒にいた保護者さんも知らなかった!
というような反応をよくされていて、

子どもたち世代だけでなく
その親御さんの世代にも知っていただくことが
すごく大切なことなのかもしれないと感じました。

大人だから子どもだからではなく、子どもたちに広めることで、
お友達やお父さんお母さんにも少しでいいからSDGsのことが広がって、
つながっていけたら結果的に大きな輪になるので、
私自身も佐賀で子どもたちに話す場があれば積極的に話をしていきたいと思いました。

今回突然お邪魔したのに温かく受け入れてくださってありがとうございました!
またぜひよろしくお願いします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。