八幡屋グランピック

本日ブログをお願いしたのは、
関わった人全員が彼女をみて幸せになる
令和の七福神ノミネート間違いなしの

Sion ozaki

です!

どんな想いで企画をしたか

今回、ペットボトルでスノードームという企画でしたが、
単純に子ども達が楽しめるだけでなく、
作る事によってその行動自体がリユースに繋がり環境に優しい、

ゴミが意味のあるものに変わる。

という事を伝えたい想いで企画しました!
誰でも簡単に作る事が出来、
ペットボトル以外の材料も100匀などで調達出来る為、

実際、ペットボトルが空いたら家でも作りたい!と
言ってくれた子ども達や親御さんがいらっしゃり、嬉しかったです

準備はどうだったか

必要な材料などは多くなかった為、
スムーズに準備する事が出来ました。
当日、バタバタした時もありましたが、
先輩方が足りないものを取りに戻って下さりと、カバーしてくださったので何とかなりました😁
ピザ屋のCiaoさんが、
空いたペットボトルを貯めて下さっていた点についても、とても有り難かったです!

当日の子どもとの思い出

当日は、赤ちゃん〜中学生の子ども達がブースに遊びにきてくれました。
兄弟で来てくれたり、親御さんと一緒に体験して下さったりと、形は様々でした。
それぞれの個性が詰まったスノードームが完成した時、
子ども達や親御さんの顔が凄いキラキラしていた印象で、とても満足して下さっていたように思います!
私はその時のブースの空間や溢れていた子ども達の笑顔がとても思い出です。☺✨
同日の夜に行われた商店街のナイトマーケットに、お昼のブースに来てくれた子達が来てくれました。
一緒にアーティストさんのライブを観たりと、お昼にあったばかりなのにとても懐いてくれて、
帰り際には「また会える?」と聞かれました。
私は、会える・会えない、ではなく「絶対会う!」と宣言してしまうほど
子ども達に心を動かされ、これも私の大事な思い出になりました(*’ω’*)笑

お父さん、お母さんはどんな事を話していたか

いま子ども達の保育園や小学校で流行っている事や、
港区での他のイベントについてをお話ししました。
子ども達の流行は、他にも繋げやすいと思ったので、今後に活かしたいです!
後は、「ここはどこの団体?」「大学の集まり?」などと、
CSOについても聞いてくださる事が多々あった為、認知してもらえるように、
CSOが目指しているカタチや普段行っている活動、今後行う活動、近くにオフィスがある事を伝えました。

メンバーの些細な気遣いとか活躍とか

→当日、ブースが混み合う事があり、人手が厳しいかも!と思った時もありましたが、
それぞれが分担して何人かの子ども達と楽しく作る事が出来ました。
少し内気な子には1人のスタッフが付きっきりで一緒に作ってくれていて、
自然にその子の笑顔を引き出していたので、
そういうスタッフの支えがあったから、皆んなに満足してもらえるような空間が出来たんだなと実感しました。

最後に

私は、企画をしたのは今回が初めてで、八幡屋グランピック自体も初めてだったので、
最初はとても不安でした。ですが日が近づくにつれて不安は楽しみに変わっていき、
ついに前日には楽しみさがMAXでした笑(。・ω・。)
ですが当日はそれ以上に楽しむ事が出来ました!
理由としての1番は子ども達です。

企画を考えている時、子ども達に楽しんでもらえるようなブースを色々と想像していましたが、
実際当日は、私が子ども達に沢山楽しませてもらいました😂
私は普段子ども達と関わる機会が全くない為、
今回のイベントで子ども達から学ぶ事ってこんなにもあるんだ!と感じました。

自分のスノードームを作った後、
お母さんへプレゼントする用に作っている子がいて、
子どもならではの考えの豊かさや好奇心、

そういった気持ちが思い出されたので、私も子ども心を忘れずに生きたいなと思いました☺

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。