繁栄ワイワイ市場

11月2日繁栄ワイワイ市場

Introduction

関西も盛り上がってきました!
みなさんこんにちは初投稿の樋口です。

夏を思い出させるような気持ちいい朝日が事務所を照らしました。
11月2日弁天町の繁栄商店街のお祭りに出店しました!

たくさんのお店が出店されている中、CSOもブースを出店しました。
それは、自己肯定感をぶち上げてやってみよぉ〜を

実践するというモットーのもと、プラ板を企画しました。

プラ板

プラ板は2つ作ってもらうようにしました。
1つは自分用に作り、1つは誰か大切な人に向けて作るという設定をしました。

そこで、一緒に来た人(友達や家族)との会話が生まれるような仕組みにできるようにと設定して、
楽しんでもらうような仕組みにしました。

AM11:00
事務所から電車に乗って一駅、場所は弁天町の繁栄商店街!!
毎月開催されるこのお祭りは地元の方にも愛されて毎月第1土曜日に開催されています!

そこに向かうと、すでに続々と店舗出店していて、いろんな美味しい匂いが飛び交っていて、
朝ごはんを抜かしていた私たちのお腹をならせました。
今回行ったメンバーは全員くるのが初めて、どうやって人を呼ぶことができるのか悩みました。
本当に子どもがいるのかとまで疑いました。

初めの初めはひたすら声をかけることを繰り返して、説明するしかありませんでした。

でも自分たちで作品を作り、それを自分のものにできるプラ板は
iいつの時代も人気のもので、子どもたちの真剣な顔も見ることができました。

誰かに作るというその行為が子どもたちにとって好奇心をくすぐり、優しさを出すことができたと思います。

通りがかりに楽しそうにしている子どもたちをみたのか、どんどんと人が集まってきました。
そして、絶えず誰かが絵を描いているという嬉しい状況になりました。
絵を描き終わってもまだ帰らない子は多く、また帰ってくる子どもたちもいました。

とにかくやんちゃで自分たちがおもちゃになることもあり、子どもたちのわんぱく具合に度肝を抜かれました。

自分に素直な彼らからは成長するにつれて忘れてしまう純粋さや、率直さを教えてもらいました。

ライター
樋口晃大
カメラマン
小野海斗

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。