新メンバーブログ初挑戦!!

今回ブログを編集しますのは
私、蜂谷ではなく。

ハヤシコーポレーションとCSOの
兼任を見事に勤め上げ
毎日、朝早くから夜遅くまで

一番働き者の入江聖也くんにおまかせいたしました!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(本文)

Social Company Forumに参加させて頂きました。
6/22の東京でForumに参加していたため、2回目の参加になります。

早速、とても気になった講演の内容をピックアップして、
自分なりに考えた意見や感想を述べて言いたいと思います!

①東邦レオ株式会社 代表取締役 吉川稔さん。

吉川さんが代表取締役になられ、
仕事や自身が行うことが
社会的に役に立つのか、社会にとって意味があるのか
を考えるようになったと仰っていました。

この言葉は、
これから社会に出て自身が何をしていくのかを考える際の1つの物差しであり、
基準になりそうです。

また、会社というのは、事業ドメインを変えていく必要があるということも仰っていました。
このことは、時代に合わせて必要とされる会社になっていくために
欠かせないことであると自分なりに認識しています。

人の成長が会社の成長

そして会社の在り方として大切なことに、
生命力を感じられる「場」をいかにして作れるか
が大切ということでした。

会社の社員さんは、利益をあげるために、
ただ働いてもらうために存在しているわけでは無いともいます。

ではなぜ社員さんは存在するのでしょうか。
それは、仕事をこなしていく中で、
いてもらわないと困るからでは無いでしょうか。

そうであるならば、
従業員に会社を誇りに思ってもらえるように努力をし、
世のため人の為にと仕事ができる環境を作り出して、必ず幸せになれるし、
未来は変わって行くと思います。

②エンパワージャパン税理士事務所 穂坂光紀さん

穂坂さんは児童虐待をめぐる問題に取り組まれている方でした。
児童虐待は入口の問題、施設の環境の問題、出口の問題があるとのことでした。

入口の問題は虐待の始まり、
施設の環境も決していいとは言えず、
出口の問題は施設を出た後に虐待を繰り返してしまう、また親の立場になり、
次は自分の子どもに虐待をしてしまうということです。
ではなぜ虐待が起きてしまうのか?
それは貧困の問題が大きく関わっていると言います。

貧困も虐待も社会問題です。
そこで支援型顧問契約制度という制度を掲げていました。
実際に穂坂さんの事務所で虐待で苦しんできた
子どもたちに税理士になるための勉強をしてもらい、

実際に試験に合格したら税理士として雇うということでした。

自分の職業をここまで広げて活躍されていることを知り、
自身が将来何をするのかわかりませんが、社会問題の解決に向けてとても参考になりました。

③マジックポット 前田さん

社名の通り、マジックで社会貢献をしている方でした。
マジックに焦点を当てている部分が大変興味がありました。
前田さん曰く、マジックは世界で最も成功体験ができる芸能である
とのことでした。

成功体験が子どものうちからできれば、
夢を持つことができるかもしれないし、
またその夢を叶える途中で小さい頃の成功体験が役に立つと思います。

その子の人生に多少の影響があると思うし、自身にもなります。
今のCSOでやっている子どもたちと盛り上がっているイベント1つ1つも、
自分たちがサポートして子どもたちに成功体験をしてもらうことができるようになれば、
CSOのレベルもどんどん上がって行くのかなと感じています。

そして閉会のあいさつで経営実践研究会の会長の 藤岡さん。

・人生で親の教えを全うするのが親孝行
・初心を忘れない
・ブレない、逃げない、やり遂げる
・勇気を持つ

1つ1つ大切な想いが込められていました。
藤岡さんの周りにも、自分の現状で言い訳を作り、逃げる人がいるそうです。

今にでも助けてもらいたい人が世の中に溢れている、自分より苦しい人はたくさんいる。
だから言い訳をして逃げない。
1人1人が社会、未来のために行動できれば未来は絶対に変えることができる。
そう感じたフォーラムでした。参加させていただきありがとうございました。
今日学んだことを生かしていきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。