林としひこのやってみよう公開収録3

学生から
高野さんへの質問が飛び交います。

そのしつもんの内容は
きた人たちの特権ということで…

その代わりといってはなんですが、

高野さんを会場までつれてくる
任務を挑戦したCSOメンバーの
感想をどうぞ

感想
高野さんを迎えに行くときに、お会いした事がなく、
写真でしか高野さんを見た事がなくひたすら写真を見て確認しておりました。
とても緊張して駅でお出迎えをしていたのですが、
改札口から出てくる高野さんは一目でパッと見てわかり、
ニコッと私に微笑みかけてくれ私の緊張をほぐしました。
私があまりお話が得意ではないことを察知してくださった
高野さんは何気ない話題で場を和ませ、高野さんのホスピタリティを感じました。

小中村政一さん

今回も我らが兄貴
プロスポーツカメラマンカズさんのご登壇です!!

フランスから
帰ってすぐの尼崎。

ありがとうございました。

カズさんといえば
いかに一撃で、チャンスをつかむか
相手の心をつかんでしまうか

そのためなら、何だってする
「いい写真がとれるなら俺は悪魔にだって魂を売る」
そう仰ってくださいました。

撮影の際には
必ずマウスピースを付けて望まれる小中村さん

マウスピースを装着するようになったのも
イチロー選手の引退試合を撮影している小中村さんが
テレビに移り込んでいるのを

見ていた歯科医さんから
「食いしばり過ぎてて奥歯砕けるよ!」とのこと。

それだけ取り組み一発一発の
「重み」がお話からも伝わってきます。

就職活動

小中村さんから、
現在就活をする学生へ
お言葉をいただきました。

就職したいなら
そこの会社から社長でてくるの待って
お話させてくださいって言えばいいやん。

いや圧倒的なアグレッシブ就活
そこにいた学生たちも口をあんぐり。

しかし、ワールドカップのカメラマンになる為に
実際にロシアのワールドカップに視察しにいく
小中村さんなので説得力がやばい。

確かに。
相手の就活のルールにしたがう必要はこちらにないですよね。

プレゼント祭り

小中村さんからの「フランス女子ワ=ルドカップ」の写真の
プレゼント祭りが始まりました。

合計五名の方に
お写真をプレゼントして下さいました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。