夢を口に出す事の“価値”について

夢は口にしよう! 誰かが聴いてるから

に強烈な効果がある事を
私は目の当たりにして実感致しました。

実証したのが彼。

小林倫太郎
追手門学院大学 社会学部 二年生

彼はかねてから会いたい。
いつか会うと決めていた人

パタゴニア社長 辻井隆行さんに出逢うきっかけを掴みました。

おめでとう!

いかにして、そのきっかけをつかんだのか

自分の想いを伝える

始めて彼の想いを聴いたのは

天芝ポイ捨てアート

「ハチ君パタゴニアの社長さんめちゃくちゃ尊敬してて」
「本当に逢いたいんですよ」

急な一言

それからというもの

ラジオのゲストに「辻井さん」
事務所のなかでも「辻井さん」
口を開けば「辻井さん」

パタゴニアさんは、
CSOのイベントに出演してくださったり
ラジオにも出演していただいている

岩元美智彦さんのBringにも参入していて

チャンスはくるから、がんばろうと
遠い先の話だと僕はとらえていたのですが

そのチャンスが今日突然訪れました。

“誰に対しても”自分の想いを伝える

臆さない心を持った
小林倫太郎は無双状態。

代表との面談でも

パタゴニア社長 辻井隆行さんに出逢う

とキラキラした目で語っていました。

すると代表の林さんが

「俺パタゴニアの社長さんとご一緒するから」

ほんまですかハヤシさん!!
みんな総立ちでした。

林さん:なんかプレゼン用意して想いを伝えようよ!!

倫太郎:やります! ありがとうございます!!

倫太郎のまっすぐな想いと
普段の活動を地道に取り組む姿勢が評価され

彼もまた夢への挑戦権を手にしました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。