プレーパークこおりがおかの森

2019.5.25
プレーパークこおりがおかの森

こどもの来場が150人だったそうです!!すご
こどもたちと森の公園作り
ノコギリで竹を切って
スコップで土を掘って
汗かいて、笑って、帰る時にはみんな疲れて眠りかけてます。笑

こどもの竹アート

前回のゴールデンウィークが280人。
今回が150人。
こんなにもたくさんのこどもが集まるプレーパークで
学生が感じたことを書いていこうと思います。

▶︎面白い=ちょっとだけ怖い?
こどもたちに人気があるのは、
ちょっとだけ危なさを感じるような遊び。
例えば、「たき火」で焼き芋を焼く。とか
お手製のロープウェイとか

こどもに限らず、大人もそうですよね。
高い金払って、巨大テーマパークの急降下系アトラクションに長蛇の列。
みんなドキドキしたい。

こういったちょっとしたドキドキが、こどもたちの好奇心を刺激する。
ちょっとドキドキする遊びを自然の中で行える。
というより、自然だから行えるわけです。

今や公園も
危険な遊具は撤去の時代。
(その判断は絶対正しいです。楽しいの前に安全なので)

そうなると、
ゲームの方が楽しくなるのも無理はない。

こどもの外遊びが減るのは
外が面白くないからなのかな。と思ったりします

プレーパークは
たくさんの大人の目があるので
多少のスリルを感じながら
安全に遊ぶことができます。

今や、テレビゲームが携帯できる時代。
焼肉屋さんでゲームするこども。なんてのも見かけましたが
プレーパークでゲームをしているこどもの姿は見たことないです。

なので、外遊びがあまり好きじゃない!
なんて子も遊びに来てほしいです。

プレーパークにもゲーム好きのこどもさんはいっぱいいます。
一世を風靡した某サバイバルゲームのごっこも
大人気ですよ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。